言語聴覚士の学校は?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

言語聴覚士になるためには、専門の学校で言語聴覚士になるための専門教育を受けることが必要になります。

医療関連のこと、また福祉や精神分野のことなど、幅広い知識を必要とし、またコミュニケーション能力も学ぶことが必要になります。

言語聴覚士は、言語・聴覚・嚥下という部分に障害をもつ方々の病態について原因を検査などによって調査し、リハビリなどを行って、機能回復できるようにする仕事です。

専門学校では、3年間のカリキュラムでこれらの専門的知識や技術などを学んでいきます。

老人医療やリハビリ、福祉といった分野がこの先さらに需要があると予想されますので、将来性の高い職業となります。

スポンサーリンク

また、日中に通うことのできない方のために、夜間部を設けている学校もあります。

言語聴覚士という仕事は、あまり多く知られていない職業でもあり、社会人になってから知ることも多いのです。

既に仕事を持ちながら、言語聴覚士として働きたい、という希望を持って、皆さん、夜間の専門学校に通っています。

夜間の場合は、4年間かかりますが、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。

夜間部で日中仕事をしながらの学習は、かなり大変かと思いますが、みなさんしっかりと学習され、高い合格率で言語聴覚士となられ、全国で活躍しています。

これら専門学校を詳しく検索できるサイトがいろいろありますが、探しやすくて便利です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク