言語聴覚士の求人はどのくらいあるの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

言語聴覚士は幅広い求人があることも知られています。

多くは、大学病院や総合病院、病院や、保健施設、リハビリセンターなどでも求人があります。

お子様の聞こえの教室などもありますね。

高齢化が大きな問題となっている日本では、現在、多くの疾患を抱えている人が多いともいえます。

加齢による脳疾患、心臓疾患などによって言語障害、難聴などが多くなっていることも事実です。

この言語障害などのリハビリを行うのが、言語聴覚士となりますね。

スポンサーリンク

この資格は、就職に非常に有利です。

最近では、特にこの高齢化によって老人福祉施設やご高齢者のリハビリセンターなどが多くなっています。

またこのような施設がこれからも建設されることが予想されますので、より雇用先が多くなっていくと思います。

国家資格ですから、再就職や転職などに有利というだけでなく、一度言語聴覚士という視覚を離れてからでも再度復職をする際に、この資格が強みになります。

ご高齢者の機能回復訓練だけでなく、聴力に障害を持っているお子さんたちの訓練施設といった施設でも求人があります。

これから先も幅広い活躍が期待される、また雇用先が広がっていきそうな言語聴覚士です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク