言語聴覚士はどんな人が向いているの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

言語聴覚士が一番比重を置かなくてはならない部分、それは、どんな所だと思いますか?

言葉を話せない、相手に通じる手段がない、意志の疎通ができない、これほど、人間にとって大きなジレンマをおうことになることでしょう。

話をすることができない、伝えたいと思っていることが言葉にできないということが、どれほどの苦痛か、そういった人の痛みがわかることが一番必要だと思います。

もちろん、口が利けるように、しっかりと訓練することも必要になりますが、それだけじゃなく、その方の痛みをわかちあうということも、患者さんの訓練がより進むための、信頼感を得る為に重要なことです。

スポンサーリンク

生まれつき耳が聞こえないという人。

また言葉を話せないという人、障害をもって産まれた先天的障害の方々に、少しでも、ほんの一歩でも、機能が回復することができるように、その機能を引き出すことができるように訓練をするのが、言語聴覚士の大切な仕事になります。

事故や病気などによって、昨日まで聞こえていた耳が聞こえない、話をしたいのに言葉が出ない、という状態になった場合、どうすればいいのか、いらだち、悲しみ、苦しみます。

その気持ちを解きほぐしながら、一緒に訓練を頑張っていく、躓いても止まってしまっても、一歩でも前に進めるように指導する、そんな辛抱強さを持ち、慈愛の精神をもった人、またそんな訓練を受けた人が、言語聴覚しに向いているといえるでしょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク