言語聴覚士ってどうすればなれるの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

言語聴覚士になるためには、言語聴覚士養成施設で専門的知識、技術を学ぶ必要があります。

まず、高校を卒業しますね。

そこから言語聴覚士養成施設で3年以上を学ぶ、また指定されている必要な科目を履修できる大学によって学ぶ、若しくは、言語聴覚士とはまったく関係のない大学を卒業する、そして、2年以上、養成施設によって学ぶという方法で、受験資格を得て国家試験に合格しなければなりません。

この養成施設、例えば、専門学校などに行く場合、出身校校長による学校長推薦を儲けている学校などがありますので、成績が優秀という場合、これらを利用するといいですね。

スポンサーリンク

こういった養成施設には、推薦枠はもちろん、社会人枠を設けていることもあります。

この社会人枠に入った場合、大学入試センター試験が免除となりますので、利用できる方は、どんどん利用しましょう。

言語聴覚士という視覚自体を知らずに、病院へ行った時や、リハビリ施設などを訪れた際に、知ったという人も少なくありません。

ですから、社会人になってから、資格を取りたいと願う人も多いのです。

ですから、社会人枠が専門学校や大学などにもあるのですね。

また、言語聴覚士になりたいけれど、学校へ行くには自分が働かなくてはならない、という場合、夜間の養成施設に行くことができます。

この資格は、最近ようやく知られるようになってきましたが、以前は名前を言ってもどんな資格なのか、またどこでとれる資格かもわかっていませんでした。

しかし、最近ではこの資格を希望する人も多くなり、その需要によって学校が増加しました。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク