HOME >> トップページ

トップページ

医療事務とは、病院などの事務を総合して担当するお仕事で、受付業務はもちろんのこと診療費の計算やカルテ管理など、他にも多くの業務をこなすとっても重要な職業です。

医療事務の資格はひとまとめにされてはおらず、業務によって実に10種類以上の資格に分かれます。

日本医療事務協会

本来医療事務のお仕事は資格がなくても出来るものなのですが、資格があればなおさら有利であるということは間違いありません。

医療事務の資格を取るためには、

スポンサーリンク

①専門学校や短大で学習するという方法
 
②通信講座を受講して学習するという方法

③独学で学習するという方法

という、3つの方法があります。

専門学校や短大で学ぶ上でのメリットは、医療事務のスペシャリストになれるくらいまで分野を掘り下げて学べるということです。

また通信講座には、家で学べるという大きなメリットがあります。

仕事を持っていたり、お子さんがいらっしゃる方などにはうってつけの方法ですね。

そして最後に、独学。

これは自分の自由な選択で学んでいくことが出来ますが、試験によっては所定の講座を受講していないと受けられないものもあるので、その辺のリサーチもしっかりと行う必要が出てきます。

特に医療事務の未経験者が持っていると有利なのは、診療報酬請求事務能力検定だそうです。

医療事務は忙しく大変な職業でもありますが、まず一番最初に患者さんのことを考えてあげられるような心の優しい方であれば、きっと素晴らしいお仕事が出来るはずです。

今からでも遅くはありません、あなたの合格を応援していますよ。

医療・福祉・介護の仕事