理学療法士の仕事を知りたい

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

理学療法士、よく病院などで耳にしますよね。特に、ケガをした、という人は、理学療法士さんたちにお世話になったのではないでしょうか。

人間の体は使わなければ、また使えなくなってしまったからといってそのままにしておけば、そのまま動かなくなります。

理学療法士は、厚生労働大臣の認可を受け、病院やリハビリテーション施設、介護保険施設等で働いています。

病気や事故などによって障害をもった方々に、日常生活が円滑に行えるように、基本的動作能力を回復させるという仕事です。

大きくいえば、医学的リハビリテーションを行う仕事ですね。

スポンサーリンク

もちろん、理学療法士だけでその人のケガや病気の判断をすることはできません。

医師の指示に従って理学療法を行うことになります。

医師や看護師、また患者さんと連携しながら、リハビリテーションをおこないます。

最近の医学技術の進歩は目覚しく、脳梗塞や心臓疾患といった以前なら命を救うことが難しかった疾患においても、救急医療によって助かる命が増加しています。それに伴って、どうしても、後遺症、運動障害や知的障害といったものも、出てきます。

医師による救命治療が行われ、命の危険性を脱した人々、また生まれた時から障害を抱えている方々に対して、理学療法士が専門的技術を用いて、リハビリを行います。

日常生活を自分でおくることができるように、人の手をなるべく借りないという生活を送ることができるように、理学療法士によって、リハビリを施すのです。

治療体操や筋肉の動作を介助しながら行い、また電気刺激やマッサージ、温熱療法などを加えることもあります。

専門的知識、医学的リハビリテーションの技術も必要な専門職です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク