精神保健福祉士の合格率はどのくらい?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

精神保健福祉士は保健、医療、精神といった多くの知識を必要とする資格です。

精神保健福祉士になる為には、この国家資格を取得する必要があり、この国家試験を受ける為に受験資格がある、というものです。

平成19年の1月27日、28日の両日で行われた第9回精神保健福祉士国家試験の合格情報を見ると、精神保健福祉士はしっかりとした学習を行っていれば、決して手の届かない資格ではない、ということがわかります。

スポンサーリンク

受験者数7,434名の内、合格者は4,482名、合格率は60.3%というものでした。

受験された方の半分以上が合格した、ということですよね。

特殊な学習が必要となる精神保健福祉士ですが、皆さんこの資格を取得したい、という方は、受験資格を見ても、ある程度の予備知識を持っていなくてはならないというものとなっています。

つまり、ある程度保健や医療や精神という部分の学習をしてきて、なおかつ、専門的な学習をするという方々が受験をするということなのですね。

ですから、きちんと真面目に学習していれば、合格するということはそれほど難しい、という資格ではない、ということになります。

ですが、落ちている方がいるということは、やはりそれなりの学習は必要ということになります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク