精神保健福祉士の資格とはどんな資格?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

精神保健福祉士の資格は、精神保健福祉士法に基づいて、精神紹介者の保健また福祉という様々なことについて、サポートしていく為の資格です。

精神保健福祉士というのは、精神に障害を持った方々が社会復帰できるように、また日常生活を円滑に送ることができるように、訓練をサポートし、相談にのり、その方がよりよい生活ができるようにしていくという仕事です。

精神病院やアルコール中毒の専門センター、また他の衣装機関などによって就業することになります。

スポンサーリンク

精神に障害をもった小さなお子さんからご高齢者まで、非常に幅広い年齢層について指導を行うもの仕事になりますので、知識や技術もしっかりと必要になりますし、障害を持っている方々と一緒に根気よく前に進んでいこうという仕事になります。

医療関係でも比較的新しい資格である精神保健福祉士の資格は、平成9年にできた資格であり、国家資格です。

精神保健福祉士になる為に受ける国家試験には、受験資格というものがあります。
人の心について関係しているお仕事、という点で、やはり専門知識や技術が必要になるのです。

精神障害の方、またそのご家族の相談などにのることも多くあるこの資格は、ストレス社会となった日本には、欠かすことのできない資格なのです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク