医療事務の資格!病院と診療所はどこが違うの?

医療事務はどんな職場で必要とされていますか?誰でも「病院」と答えられますよね。

では、病院の中でも規模により違いがあるのをご存知ですか?ベッド数が20床以上のところを「病院」と呼び、ベッド数が19床以下のところを「診療所」と呼び区別しています。

全国には約9800の病院がありますが、その内の約9割が診療所となります。 続きを読む 医療事務の資格!病院と診療所はどこが違うの?

医療事務の資格!受付業務で大事なことは?

病院に行くと受付で「お大事に」と笑顔で対応され、何となく元気になるような気がしたことはありませんか?

常に患者さんの立場に立って考えることは、医療事務の仕事をする上でとても大切なことです。

患者さんの中には、緊急に治療が必要な場合もありますし、時間がなくて困っている人もいます。 続きを読む 医療事務の資格!受付業務で大事なことは?

医療事務の資格!最も専門性の問われるレセプト業務

医療事務の仕事の中でも特に重要とされるレセプト業務ですが、具体的にはどんな作業をするのでしょうか?

保険診療費のうち、患者さんが負担する分は診察後に会計窓口で請求・徴収しますが、残りの診療費は各保険制度の保険者に月単位で診療報酬明細書を提出しなければなりません。

この明細書の別名が「レセプト」と呼ばれ、レセプトを作成し請求する作業が「レセプト業務」となります。 続きを読む 医療事務の資格!最も専門性の問われるレセプト業務

医療事務の資格!奥の深いレセプト業務

「レセプト業務」は、医療事務の中で最も重要な仕事ともいえます。

病院の経営にも関わる仕事で、病院の収入を扱う大切な仕事です。

その作業量は膨大で、医療事務者の間では月初めの残業は当たり前と言われています。

そんなレセプト業務の中で、医療事務者が一番恐れているのが「返戻(へんれい)」です。 続きを読む 医療事務の資格!奥の深いレセプト業務

医療事務の資格!総合病院での要となる外来クラーク

単純な風邪や腹痛なら、近所のかかりつけのお医者さんで診察してもらいますよね。

しかし、原因がわからない病気や特殊な検査が必要な場合は、どのような病院へ行きますか?このような場合、ほとんどの方が複数の診療科がある総合病院や大学病院へ行きますよね。

そんな時に誰もが感じるのは、病院の複雑さではないでしょうか。 続きを読む 医療事務の資格!総合病院での要となる外来クラーク

医療・福祉・介護の仕事