作業療法士の将来性はあるの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

少子高齢化。これは今の日本の大問題ですね。

高齢化は医学技術が高まったからこそ、非常に嬉しいことでもありますが、高齢化によってリハビリの重要性が叫ばれているところでもあります。

高齢化が続けば、痴呆やアルツハイマーなど、リハビリが必要な疾患も出てきます。

また脳梗塞や心筋梗塞などもお年寄りに多い疾患ですし、障害を残す疾患ともいえます。

このような状況ですから、介護老人保健施設や老人ホームなどが増加し、そういった場所でも作業療法士の需要が高まっています。

スポンサーリンク

お子さんから大人、ご高齢者まで、体や精神に障害を持てば、作業療法士に頼ることになりますね。

幅広い年齢層、また精神から体の動きまで、様々な面でサポートが必要な人へ、訓練をすることになります。

年齢や疾患などが様々であれば、やはり雇用の場所も様々になります。

多くの大学や短大、また講座などによって、作業療法士養成学校、講座などが増加していますので、一人に対しての雇用が少なくなったとも言われていますが、実際に、作業療法士の需要が高くなるのは、これから先になると思います。

将来性から言えば、これからの日本の高齢化が進めば進むほど、この資格での雇用が増えていくのではないか、つまり、将来性の高い資格ではないか?と思います。

医学が高度になっていけば、より学習も増加しますが、やりがいのある将来性の高い仕事です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク