作業療法士の通信教育ってあるの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

作業療法士の仕事は、身体や精神に障害を持つ方々に、日常生活をできるだけ円滑におこなってもらう、また日常生活ができるように訓練をするものです。

衣料について、また作業療法について、しっかりとした専門知識が必要な仕事になります。

作業療法については、作業療法として訓練の指導ができるように、学ばなくてはなりません。

作業療法士になる為には、大学、短大、専門学校などを修了し国家試験に合格しなければなりません。

そのためには、学校できちんと学ぶ必要がありますね。

スポンサーリンク

これらの養成学校には、日中の部と、夜間の部、があります。

作業療法士として働く為には、作業療法を学ぶ必要があります。

通信制の大学はありますが、作業療法の取得ではありません。

作業療法士の専門学校に通いながら、通信制の大学の受講を受けている方もいますが、これは、作業療法士の資格と直接係るものではなく、学士号などを取得する場合に受講しているというものになります。

作業療法士は専門的知識も当然必要ですが、作業療法という技術、コミュニケーション能力も必要な仕事です。

実習などによって、力をつけて作業療法士として活躍をしていただきたいですね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク