作業療法士の講座はどんなものがある?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

作業療法士は体、または精神に障害のある方が、日常生活を円滑にできるよう作業療法によって訓練を行うという仕事になります。

医療の知識、また作業療法という専門知識を学び、また技術的なことも学ばなければなりません。

短大、大学、専門学校などによって作業療法士の学習をすることができます。

また作業療法士は専門学校によっては、日中だけでなく、夜間学校で講座を受けることができます。

このような講座を利用して作業療法士の勉強をすることになります。

スポンサーリンク

解剖学や生理学、リハビリテーション医学、臨床心理学、などの専門知識、また作業療法のスキル、それらをきちんと自分のものにして国家試験に挑むことになります。

働きながら作業療法士を目指す方も沢山いらっしゃいます。

また高齢化社会が進んだ日本では作業療法士の需要が高い状況にあります。

痴呆症、アルツハイマーなど、作業療法士を必要とする職場が増加しているため、作業療法士の講座も非常に多くなっています。

医療関係のこうした職種全体の講座が多くなっていますね。

陶芸や園芸、手芸、工芸といった手先を使用する作業を行うことで、心身の場外を回復に導こうという、非常にメンタルの要素が強い仕事ですから、講座では、そういった精神面の学習もあります。

夜間学校などの講座を上手に利用して、作業療法士を目指したいものです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク