作業療法士の仕事はどんな内容?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

作業療法士というのは、身体や精神に障害を持っている方に、身体機能を高める訓練や、社会適応能力を回復させるための訓練を行う専門家です。

さまざまな作業を通じてリハビリテーションを行います。

まず患者さんがどこまでの日常作業が可能なのかを調査します。

食事、歯磨き、入浴、調理、掃除・・・こういった生活の作業がどの程度できるのか、という判断ですね。

これによって、患者さん個々の評価を作り、その方の状態にあった作業療法をプログラムします。

動作の練習や作業を通して活動能力を回復させ、精神機能の安定を図ります。

スポンサーリンク

こうした作業を行うことで、患者さんの日常生活がより円滑に安定しておくることができるように、指導していきます。

どんな患者さんでも今まで動いていた手が動かない、思うようにいかない・・となれば投げたしたくもなりますし、やめたくもなります。

それを辛抱強く継続させること、そうした精神のケアも、作業療法士に必要なケアとなります。

作業療法士も理学療法士と同じで、高齢化社会にともなって、ご高齢者へのリハビリテーションの需要が高まっています。

痴呆症やアルツハイマーの患者さんへの作業療法など、老人ホームや福祉施設、また通所型や訪問型といった形で作業療法を行うという場合も増えています。

人間関係が非常に大切な要素を持つ仕事になりますので、そういった鍛錬も必要になっていくでしょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク