視能訓練士と高齢化社会

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

視能訓練士も言語聴覚士も、今かなりご高齢者と対峙することが多いのではないか?と思います。

日本は高齢化大国。世界でもベスト5に入るくらいの高齢化国家です。

福祉施設や老人施設の建設も急がれるところですが、そのご高齢者を支える医療関係者の人材育成も、急がれるところではないでしょうか。

福祉関係者などにスポットが当たっていますが、それ以外、リハビリなどの分野にもスポットを当てて欲しいと思います。

高齢化社会と視能訓練士がなぜ、結びつくのか?というと、高齢化になればなるほど、目の疾患が増加するからです。

スポンサーリンク

白内障や緑内障など、多くの病気があります。

生まれてからずっと、休むことなく働いてきた体は、年齢を重ねれば重ねた分、弱ってくるところが出てきます。

その部分に病気が発生することも、仕方のないことです。

そんな高齢化社会のなかで、視能訓練士の存在が大きくなるもの当然で、より専門的知識を持った資格者が必要になるのは当たり前のことです。

福祉でも色々な問題を抱えている高齢化社会ですが、医療の分野においても、ベッドの不足、また救急医療の病院の不足など、たくさんの問題を抱えています。

知識を学ばせるための学校が多くなったとはいえ、視能訓練士という認知度が少ないこともあり、人材不足となっています。

さらに、いい人材の育成を考え、視能訓練士の重要性も、より沢山の人に知ってほしいところです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク