視能訓練士の将来性はどうなの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

視能訓練士という資格自体、あまり知られていない資格です。

視力の低下が問題となっている日本では、さらに需要が拡大していくと思われる職業ですが、現在でも人材不足ということをいわれています。

子供の視力がとても低下しています。パソコンやゲームなどが氾濫し、また大人の時間に合わせて子供が動いたり、塾などによって遅くまで起きていることで目を酷使しているという状況があります。

緑も少なくなり秘録を見渡せる環境にない今、子供たちの視力が低下するのも無理はありません。

このような状況もあり、視能訓練士の需要が高くなっているのです。

スポンサーリンク

眼科に訪れるお子さんの数も急増していますし、眼鏡やコンタクトをしているお子さんもかなり多くなっています。

学校矢企業での検査、また病院での検査に加えて視力回復訓練などを行う視能訓練士、また目の健康を伝えることでも、色々な場所へ呼ばれる場合もあるでしょう。

最近では、眼科の医療技術が格段に進み、レーシックなどによって、視力を調節することも可能になってきています。

こういった眼科医、眼科クリニックという場所でも、視能訓練士が回復訓練や検査に活躍しています。

現代病とよばれる糖尿病も、眼病につながります。

また脳出血などによって、後遺症で目が見えにくくなる、また神経が一時的につながらなくなるということがおきます。

こうした成人病からの眼病についての、回復にも、視能訓練士が必要になります。

この先、さらに高齢化が進み、また電子化が進むことで、視能訓練士の需要は高くなるのではないでしょうか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク