視能訓練士を欲しがるわけ

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

目の慢性疾患、病気が増加しています。

なぜかというと、病気自体が多くなったというよりも、病気をする人が多くなったといえます。

それは、高齢化社会に突入したということが要因の一つにあげられます。

ご高齢になると、白内障や緑内障など、目をわずらうことが多くなります。

これらの病気は、年齢を重ねていけば、誰がわずらってもおかしくない病気です。

加齢の病気ともいえる疾患でしょう。

また、子供たちが眼科に通う率が高くなっています。

スポンサーリンク

パソコンにテレビゲーム、モバイルのゲームなど、電子商品が沢山発売され、暗いところ、見えにくいところでも、長時間ゲームをしています。

電車の中、病院の待合室、いたるところで、ゲームをしている小中学生を見かけます。

あれでは、慢性的な疲労となり、視力が低下するもの仕方がないというものです。

また、眼病が増加しているわけに、カラーコンタクトの処方箋無の乱用などもあげられます。

目にあわないコンタクトを、コンタクトの使用方法も知らずに簡単に入れてしまうのは、非常に危険です。

目は異常を起してしまいます。

このような状態ですから、視能訓練士を欲しがる施設や病院が増加しています。

病院の場合は、検査や矯正訓練、目のための指導などが主な業務となりますので、比較的規則正しく修業できる職業といえます。

こういったところから、女性が9割という数字になっているのでしょう。

社会人からの転職が多いのも、この働きやすさがあるともいえますね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク