視能訓練士って何を学ぶの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

視能訓練士になるためには、多くのことを学ぶことになります。

専門知識はもちろん、どんどん新しいものになっていく医療機器への深い知識藻必要になります。

視能訓練学、視能矯正学はもちろん、さらに画像診断額、神経眼科学、また公衆衛生学なども学びます。

視能リハビリテーション学、眼薬理学なども深く学ぶことになります。

医療機器は本当に日々、進化を続けていますので、大学や専門学校で習ったものと、実際に雇用された先で全く違うものだったということもありますが、それは、もう実際に覚えていくしかありません。

スポンサーリンク

ですが、その機械の根本的な部分はしっかりと知っておくべきです。

画像解析は、何度も繰り返し見るということが大切になります。

視能訓練士の一番大切な仕事、リハビリテーション。これも、その患者さんに対して、それぞれに違ったリハビリを行うようになりますので、深い知識が必要になりますね。

さらに眼科というところで使用する薬学についても、しっかり学んでおく必要があります。

また新薬ついても知っておく必要がありますので、薬学の雑誌など、目を通すことが大切です。

実践、実技というのは、いざ雇用されてからさあやってみなさい、といわれても出来るものではありません。

ですから学校の学習の中に、視能シュミレーションというものがあります。

患者さんとのコミュニケーションを円滑に行うため、何度も繰り返し行います。

知識と技術、そしてコミュニケーション能力、をもった視能訓練士を目指すのです。

眼球に関しての解剖学的知識、神経組織の学習も行います。眼球の作り、脳からの関係を深く学んでいきます。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク