看護師の給料は優遇されている

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

看護師の仕事は本当にハードです。

正社員ともなれば夜勤に早番、残業など、かなり拘束時間が長いという印象があります。

また、その拘束時間の中の激務を見ていると、本当によく働くな・・と感心することが多々あります。

では看護師という職業の方は、お灸両面では優遇されているのでしょうか。

看護師の平均年収を調べた所を見ると、平均年収で465万円、月収にして31万8千円というもののようです。

幅を見ると、350万円から650万円と大きくなっています。

スポンサーリンク

看護師学校新卒初年度で国公立病院の場合は、公務員の給与規定によって、460万円前後というものだそうです。

一般企業の新卒での年収の平均は300万円というものですから、この年収を見る限りではやはり高給だな?という印象を受けます。

ですが、看護師の場合はこの先、お給料が順調に上がっていく・・ということではなくあまりあがらないというのが、実情のようで、一般職、民間企業を見ると、最終的には一般企業のほうが収入が高くなる傾向にあるようです。

人の命を預かる職業ですから、当然それなりのお給料がいただけて当たり前、と思います。

しかも精神的に非常にダメージの強い仕事ということもありますので、決して高い給料ともいえないのではないでしょうか。

このお給料も、国公立、私学、大学病院、民間病院、クリニック、医院、介護施設、老人ホーム、など、雇用先によって大きく変わるようです。

主任や看護師長ともなると、多少の職務手当てがあるようですが、その責任の重さや後輩の指導などを考えると、やはり高いともいえないのかな?という数字です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク