動物看護師は動物病院で働く看護師

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

動物看護師は動物病院で働く看護師です。

動物病院で獣医師のアシスタントとして、動物の看護や管理を行う仕事になります。

獣医師と飼い主とのコミュニケーションをとり、スムーズな診療を行う為に診療に欠かせないのが、この仕事ですね。

アニマルナース、アニマル・ヘルス・テクニシャン、ベテリナリーテクニシャンといった名称があります。

この動物看護師という資格は国家資格ではありません。

スポンサーリンク

学校独自の資格や任意団体の資格(日本動物看護学会)はありますが、看護師のようにこの資格がないと動物に関して医療行為ができないということではない、ということです。

大学や専門学校などで専門的な知識を得ることができます。

何より大切なことは、動物の世話が苦にならない、動物を愛する心をもっているということが必要となります。

勤め先によって、小さな動物病院であれば、受付、カルテの作成、診療の準備、掃除、検査助手、手術助手、レントゲン介助など、たくさんの仕事をこなすことになります。

入院患畜にかんして清潔を保ち、患畜を見つめ、その飼い主とのコミュニケーションをしっかりとって、医師が治療をしやすいようにする、という仕事になります。

もちろん、動物の死にも直面します。

動物の場合、安楽死ということもありますので、強い精神力が必要な仕事であることは、看護師と変わりありません。

どちらも、命に係る仕事をしているということ、その命に携わっているということを強く感じ、責任を持って取り組むことが必要となる尊い仕事です。

近年、トリマーの免許と一緒にこの動物看護師の資格を取得する人が増えているようですね。

トリマーとして動物と接する時に、よりペットの健康状態を知ることができるからだそうですよ。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク