看護師の資格を取りたい

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

看護のお仕事というのは、人の命を預かるという責任の思い仕事です。

もちろん、専門知識も必要ですし、技術も必要になります。

それ以上に必要になるのは、人間として病気や怪我、精神的苦しみを持っている人たちに対して、慈愛の精神をもって接することができるかどうかということになります。

ただ、注射をすればいい、だた包帯を巻けばいいというのではありません。

その人の苦しみを知る事、家族の苦しみや頑張っている事実を知る事、そういった心が非常に大切だと思います。

スポンサーリンク

人の死やどうしようもない病気との闘いを目の当たりに見ることのできる強さ、死ということに直面をした時に冷静でいられる気持ちも必要になります。

看護師という仕事は尊いものですが、非常に過酷なものでもありますね。

看護師の資格は中学校から目指す場合は、5年一貫看護師養成課程に進学する方法もあります。

一般的に高校を卒業してから准看護師になるか、または看護師になるかという道があります。

どちらにしても養成機関に進学をして国家試験に合格するということが必要になります。

専門知識をしっかりと頭に入れて、多くの医療関係の学習をしても、病院やその他医療関連施設に入って実際に勤務してから、数々のことを学ぶようになるというのは、どの会社でも同じです。

ですが、一人前の看護師といわれる前の段階でも、命を預かるという仕事であることには変わりがないというのが、この職業がほかの職業とは違った責任の重い面だと思います。

やりがいのある、非常に素晴らしい仕事だと思います。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク