看護師の仕事で大切なこと

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

看護というのは、人々が健康的な生活を営む為にその人らしく生きることを支援する為の行為、といわれています。

多くの人たちが看護師の母であるナイチンゲールの一生を本などで読んだことがあると思いますが、非常に献身的に、また慈愛に満ちた職業です。

もちろん現実的には看護師という仕事はハードで人の命を守る為の責任ある仕事であることも間違いありません。

女性が一度は憧れるであろう看護師という職業ですよね。

医師の診断に基づいた医療補助、疾患や怪我、障害などによって不自由な生活をしている患者さんへのサポートなどを行う、また健康な方の病気予防など、看護師が行う仕事は多岐に渡ります。

スポンサーリンク

看護師として働く為には、養成校を卒業して必要な専門知識、技術、資格を取得し、さらにキャリアを積むことで、一人前の看護師となる事ができます。

高齢化が進んだ日本では、最近特に訪問看護ステーションや老人ホームなどの就業場所も多くなっています。

これからさらに増加しそうな職場です。

看護師の資格を取得することは、一生の国家資格を得るということになります。

女性には結婚やお産といった職場を離れる機会がおおくありますが、転職、再就職にも非常に有利な職業です。

また最近では男性の看護師さんが非常に多くなり、男性の看護師だからできる事、なども増えています。

人の命を守る現場の第一線にいる看護師。

看護師の働きがあってこそ、医療の現場がなりたつのです。

看護師の仕事をよく知って、その尊い職業を理解したいものです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク