HOME >> 音楽療法士

音楽療法士

音楽療法士とは、どんな資格?

音楽療法士とは、音楽によって心身の障害の回復や改善を図るための専門職です。

日本音楽療法学会

音楽特有の生理的、そして心理的な作用を活用して、小児マヒや自閉症の障害をお持ちの方、そして事故による脳障害を持っている方々などに、音楽を通して意思疎通を図っていきます。

そうすることでクライアントの精神的なリハビリテーションをサポートしたり、普段は通じることが容易ではない感情の触れ合いをよりスムーズに引き出そうとするのです。

スポンサーリンク

音楽療法士の資格は民間資格にあたり、国家資格ではありません。

この資格は誕生してからまだ日が浅く、音楽療法という治療方法に対する認知度もまだまだ低いというのが現状です。

しかし、言葉を自由に使えなくなってしまった人々にとって、この専門家は一種の光となることでしょう。

音楽療法士になるには、日本音楽療法学会が「日本音楽療法学会認定音楽療法士認定規則」というものを通過する必要があります。

これを受けるには、まずこの学会が認定している大学、そして専門学校の「音楽療法コース」を卒業することが必須条件として挙げられます。

その他にも、講習会や学会への参加や、臨床経験などを各自点数としてカウントして、合計1,000ポイント以上になると、日本音楽療法学会の審査の対象になるようです。

音楽はいつもみんなのそばにあり、国境や立場を超えて私たちの心を癒してくれます。

事情によりコミュニケーションの不自由を余儀なくされた人々の心を想像し、いかにその人に合ったセラピーを行うかということに重点をおいて、家族間のコミュニケーションの更なる円滑化を促す。

それが、音楽療法士のお仕事なのです。

医療・福祉・介護の仕事