どんな人が医療事務に向いているか

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

病院に行って最初に行くのはどこですか?

いきなり診察室へ行く人はいませんよね。誰でもまずは受付に行くはずです。

受付は病院の顔とも言われています。

スポンサーリンク

つまり、受付を担当する医療事務者の対応で病院の評価も決まると言っても過言ではありません。

そのため、医療事務者にマナーの研修を実施する病院も多くなってきています。

病院に来る患者さんは、体調が悪いのですからイライラしていることも多いでしょう。

また、その病院に初めて訪れた患者さんの中には、何科にかかればいいのかわからずにオロオロしていることもあります。

そのような時に、どのような対応をされたかによって、患者さんの病院に対する評価も変わってきます。

いくら医師や看護師たちが的確な処置をしたとしても、受付で無愛想な態度をされればどうでしょう。

逆に誠意のある態度や言葉遣いは、患者さんやその家族にとっても好印象を与えてくれます。

もちろん、医療事務員が病気を治すわけではありません。

このようなちょっとした心遣いができれば、医療事務という仕事に向いていると言えるでしょう。

診察が終わった患者さんから「ありがとう」の言葉と笑顔がもらえると、「がんばろう」という気持ちがわき励みになりますよね。

医療事務の仕事でやり甲斐を感じるがこんな瞬間じゃないでしょうか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク