医療事務の資格!治療者の一員となる病棟クラーク業務

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

あまり耳慣れない言葉の「病棟クラーク」ですが、どんな仕事をイメージしますか?病棟クラークは、総合病院などの病棟内にあるナースステーションがメインの職場になります。

その仕事は実に幅広く、医師や看護師など病棟スタッフのスケジュール管理から生活管理に始まり、患者さんと医師や看護師とのコミュニケーションを図り、さまざまなケアをします。

スポンサーリンク

入退院の諸手続きから、入院患者さんの診察室や検査室への案内、食事・点滴・投薬などの手配や伝票管理、医師や看護師との申し送りなど実に多忙を極めるプロフェッショナルな仕事です。

もちろん、カルテの管理だけでなく、入院中の処理などをカルテに入力するという大切な作業も病棟クラークの仕事になります。

さらに、この仕事は患者さんばかりでなくそのご家族の方とも接します。

治療者の一員として、精神的な不安を取り除いてあげられるような細やかな対応が必要となります。

そのためには、患者さんやご家族を直接サポートすることはもちろん、医師や看護師たちがスムーズに治療ができるよう、側面からサポートすることが重要でしょう。

病棟クラークは資格がなくとも働けますが、やはり医療事務関連の資格を持っていたり、医療スタッフとしての経験がある人を望んでいる病院が多いようです。

専門学校や通信講座でも「病棟クラーク」のコースがあります。

専門学校の中には、医療事務の知識だけではなく、心理学的な勉強にも力を入れているところがあります。

「病棟クラーク」は医療事務の中でも特殊な仕事だけにやり甲斐も大きいもの。

患者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉がは何よりの励みだという声をよく聞きます。

あなたも病棟クラークの仕事を通し、人と人との触れ合いを感じてみませんか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク