医療事務の資格!派遣社員として働く

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

女性にとって医療事務という仕事の大きなメリットとして、勤務形態を選べることがあげられます。

子どもが小さいので午前中だけ仕事をしたい、親の介護があるので週に2日だけ働きたい・・など、さまざまな厳しい条件を抱えた方も多いですよね。

そんな条件に合った病院を、しかも身近で探すことはとても大変です。

スポンサーリンク

そのような方のためにあるのが「派遣システム」です。自分が希望する就業時間や曜日、勤務地を選べるだけでなく、給与面でも資格や経験によっては高くなるのが派遣のメリットと言えます。

派遣社員として働くには、まず派遣会社へ登録するのが一般的です。

もちろん、登録したからといってすぐに仕事を紹介してもらえるわけではありません。

自分の条件ばかりを優先していては、中々仕事先も見つからないでしょう。

派遣会社に登録したからとじっと待つのではなく、求人募集をしている病院をインターネットを活用して探してみましょう。

中にはインストラクターという派遣の仕事もあり、医療事務の経験が豊富でさまざまな資格を持っている方にぴったりですよ。

この仕事は、本来はパソコンの操作方法を教えるだけですが、医療事務者からは医療保険に関する質問も多いそうです。

そんな時に、それまでのさまざまな経験や知識が役に立つはずです。

また、派遣会社に登録すれば仕事先を紹介する以外にもさまざまなメリットがあります。

職場でのトラブルに対する相談や小さな子どものいる方には託児所やベビーシッター制度など、登録者が働きやすいようなサポートも充実しています。

しかし、派遣の仕事にもデメリットはあります。

「何か月だけの契約」などと決まっている場合は、次の就職先を探す必要があります。

また、いざ働いても病院側が望む能力がないとなれば途中でも契約を打ち切られる恐れもあります。

とりあえず派遣システムに興味を持たれた方は、まず派遣会社に登録してみてはいかがですか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク