医療事務の資格!働いている人が利用できる教育訓練給付制度

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

医療事務の資格を取るのに気になるのは費用のことですよね。独学ではなければ最低でも5~6万はかかると言われています。

資格は欲しいけど、費用を考えると踏み切れない方も多い筈ですが、そんな方々のために設けられている制度があるのをご存知ですか?

「教育訓練給付制度」と言ってハローワークから給付金がもらえるんです。

スポンサーリンク

この制度は、医療事務やホームヘルパー、経理事務など専門性の高い講座を受講した場合に、自治体などが受講料の一部を支給してくれるものです。

ただし、この制度は雇用保険の被保険者であることが条件となります。

つまり、現在、働いている人が対象となっていますが、被保険者である期間についてはさまざまな条件があります。

※被保険者になってから1年以上同じ会社で働いている、もしくは働いていた(制度利用ははじめて)

※被保険者になってから3年以上同じ会社で働いている、もしくは働いていた(制度を利用してから3年以上経過している)

※転職をしたことがあるが通算3年以上働いている、かつ離職していた期間は1年以内である

何とも複雑でわかりにくですね。ただし、自分が支給対象者であるかどうかは、ハローワークに問い合わせると教えてくれますので心配はいりません。

この制度を利用するには、あらかじめ受講したい講座や教室に事前に申し出ておく必要があります。

また、実際に給付されるのは講座が終了してからとなります。

講座が終了したら、ハローワークに提出書類を持って行き申請をすれば、受講料の何割かを受け取ることができるんです。

ただし、この制度を利用できるのは厚生労働大臣が指定する講座のみとなります。

受講の申し込みをする前に、自分の受講したい医療事務の講座が、この制度を利用できるかどうかを確認するのを忘れないようにしましょうね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク