医療事務の資格!需要が高まる介護事務

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

あなたは「介護保険法」をご存知ですか?

新聞やニュースなどで言葉として知っている方は多いのですが、その内容について知っている方は以外と少ないのです。

年を取ることで体の機能が徐々に衰え、日常生活に支障が生じてきます。介護保険法は、そうした高齢者や介護者に介護サービスを提供する社会保険制度として平成12年に制定されました。

スポンサーリンク

この保険法がスタートし老人介護施設があちこちにでき、ホームヘルパーやケアマネージャーなどの介護職も注目を浴びるようになりました。

これらの施設では、利用者へのサービス内容を保険者である市町村などへ報告し請求しなければならないのです。

このような重要な仕事を担当するのが、「介護事務」といわれる医療事務者になります。

しかし、介護事務にたずさわる人たちはまだまだ不足気味なのです。

もし、これから医療事務を目指すのであれば、この介護事務を選んでみてはいかがでしょう。

もちろん、医療事務の経験者であっても、介護事務に転職する際には、さらに介護の勉強が必要となります。

しかし、高齢化がますます進む中、介護を必要とする人の数は必然的に増えてきます。

利用者が多くなれば、その施設も当然増えますし、介護事務の需要も高まります。

介護事務の資格には2種類あります。1つは誰でも受験できる「介護事務管理士技能認定試験」です。

もう1つは、指定科目を履修した者が受験できる「介護保険事務管理士認定試験」になります。

すでにホームヘルパーの資格を持っている方でも、医療事務の仕事をしていると、さらに専門的な知識が欲しくなりますし周りからも要求されます。

日常の仕事をこなすだけでなく、常にキャリアアップを頭の中に入れ医療事務のエキスパートを目指してみませんか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク