意外と多い医療事務の学校

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

資格を取ろうと調べてみると、意外にも医療事務の専門学校や短大が多いのにびっくりしませんか。

さらにこれらの学校の生徒たちの中には、資格を取って転職しようとする社会人の姿が最近多くなってきているんです。

「学生」と言えば若い人ばかりをイメージしがちですが、夜間コースを設けている学校もあります。

スポンサーリンク

若い人に混ざって勉強するには少し気が引ける人にはおすすめのコースとも言えます。

また、働きながら資格取得のため専門学校で勉強をと考えているならば、行きたい学校に夜間コースがあるのかどうかも調べておきましょう。

独学で資格取得をする手もありますが、専門学校などで勉強する一番のメリットは、やはり就職率の高さと言えます。

専門学校により1年制から3年制まであり、医療事務の資格だけでも「診療報酬請求事務能力検定試験」や「医療秘書技能検定試験」「メディカルクラーク」「福祉事務管理技能検定試験」などがあります。

他にも「Word検定試験」や「医療オペレーター検定試験」「福祉住環境コーディネーター」や「手話」などの資格取得も目指し勉強していきます。

さらに、医療現場での実習授業も取り入れられていますので、授業を通し将来自分がどの医療事務の職種に就きたいかも考えることができるんです。

また、いずれの学校でもしっかりとした就職サポート体制を整えています。

就職先選びから内定まで、就職ガイダンスや個人面談などを通して細かく指導してくれるのも心強いですよね。

もちろん、これらの学校を出たからと言って、すぐに即戦力になるわけではありません。

どうせなら専門学校で学ぶ間に、1つでも多くの資格を取得して先輩たちを「あっ!」と言わせてみませんか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク