医療事務者として採用されるポイントは?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

医療事務の仕事をするのには、どんなところで探せばいいでしょうか?

ハローワークや求人雑誌、最近では、インターネットを通じさまざまな派遣会社のホームページでも募集記事を利用することができます。

近所に病院やクリニックができれば、新聞の折り込みに募集チラシが入っていたり、診察に行って貼り紙がしてあるのを見かけたこともありますよね。

スポンサーリンク

しかし、いざ仕事を始めて見ると、たくさんの資格をもっているからといって、現場で即戦力になることは滅多にありません。

病院によって医療事務のやり方が違っていることも多く、今までと違う診療科ならまた一から覚え直さなければ仕事にならないケースも多いのです。

ですから、資格の有無に関わらずスタートラインは同じと言ってもいいかも知れません。

医療事務の資格がないからとあきらめる必要はないのです。働きたい病院が見つかったら、まずは病院に問い合わせて面接をしてもらえるかを確認してみましょう。

病院の仕事は、命に関わるだけに、何よりも連携プレーが大切になります。

どの病院やクリニックでも、コミュニケーションがスムーズに行える人材を望んでいます。

面接ではそういう点をアピールするといいでしょう。

また、医療事務という仕事に興味があることや、これまでの自分の経験や知識を就職先となる病院などでどのように役立てたいと思っているかなどもアピールしておきましょう。

たとえ面接を受けた病院で断られたとしても、相手が求めているものと違っただけのことです。

前向きに考え、あなたを必要とする病院に必ず出会えると確信し、次の面接がうまくいくように、就職活動の合間にも医療事務の知識をより多く身につけてみてはいかがですか。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク