調剤薬局事務の資格を取るには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

調剤薬局事務とは、調剤薬局において薬剤師の仕事をサポートするお仕事です。

主な業務内容としては、処方箋の受付や患者登録、調剤料などの算定や会計などです。

調剤事務の資格も一つではなく、いくつかに分類されています。

薬の処方は以前までは主それぞれの病院内で行われていましたが、しかし近年は分業化が進んでいます。

その結果、調剤薬局の数はこれからも増え続けるということが予想されます。

スポンサーリンク

ですので、調剤薬局事務のニーズもこれから徐々に増え続けていくことでしょう。

調剤薬局事務の代表的な資格として「調剤事務管理士」というものがあります。

この資格の特徴は、受験するための資格や要件が必要ないというところです。

どんな方でも、いつでも受験することが可能なんです。

調剤事務管理士の試験は年6回行われ、合格率はだいたい5割くらいです。

こうして聞くと狭き門のようなイメージが生まれるかもしれませんが、目安としては試験のだいたい7割程度の正解率で合格することができるようです。

主婦の方にも人気のこの資格、あなたも思い切って目指してみませんか?

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク