福祉用具プランナーの資格とは?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

福祉用具プランナーとは、福祉用具を使用する高齢者や障害者の方々に対し、適切な福祉用具を選択する際の援助をしたり、使用計画の策定や適応状況などを見極めるお仕事をする人です。

公益財団法人テクノエイド協会

福祉用具を利用するに当たって、それぞれの方々の障害の程度にあわせた福祉用具を選択することも必要ですが、その方の日常生活のスタイルに合わせてきめ細かい対応をするということも重要な業務の一つです。

福祉用具プランナー試験の受験資格は、テクノエイド協会が主催・共催する福祉用具プランナー研修に参加して、修了試験を受験する必要があります。

また、この研修に参加するに当たっても二つの条件があります。

スポンサーリンク

一つ目は医療・福祉・介護に関連するいずれかの資格を所有していて、なおかつ現在までに福祉や医療などの実務経験が2年以上あるということ、そして二つ目は福祉関連の施設の職員であって、福祉用具に関する業務に従事(従事予定も含む)しているということです。

しかしこれらの条件に当てはまらない場合も、福祉用具専門相談員指定講座・福祉用具供給事業従事者研修・福祉機器選定相談員研修などを受けていれば、研修会に参加することが出来るようです(興味のある方は最新の情報をチェックしてみてくださいね)。

現在進行形で福祉関連のお仕事をしていて、なおかつ手に職をつけたい、という方にはオススメ出来る資格ですね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク