福祉住環境コーディネーターの資格とは?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や身体に障害を持つ人々の家庭を住みやすい環境にするために、家屋の設計からリフォームといった、室内外の作りなどのあらゆる相談に応じるというお仕事をする人です。

建築やコーディネート、またデザインや医療に渡るまで、様々な分野における知識が必要とされるお仕事です。

福祉住環境コーディネーター試験は、東京商工会議所が開催している検定試験です。

福祉住環境コーディネーター協会

3級から1級があり、3級と2級には特に受験資格はありませんが、1級試験は2級資格合格者を対象とした試験です。

スポンサーリンク

福祉住環境コーディネーター試験は夏と秋、年に2回開催されていますが、合格率にはその年によって差があります。

低い年では4割台、高い年では6割台の人々が合格に至っています。

学習方法は通学講座・通信講座・独学の中から選べますが、幅広い知識が必要とされる職業であるため、可能であれば通学講座か通信講座でしっかりと学ばれることをお勧めいたします。

福祉住環境コーディネーターのお仕事は、個人的な仕事は比較的少なく、様々な企業や機関と連携して進めていくことが多いので、人と接することが好きな方の方が向いている職業かも知れません。

顧客の事情や要望をよく理解してあげられる心と、福祉住環境コーディネーター自身も心を最大限に開いて最善を尽くすことで、よりよい取引を行うことが出来ます。

あなたも、居住生活に不安や悩みを抱える人たちの力になってみませんか?

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク