手話通訳士の資格はどう取るの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

手話通訳士とは、耳の不自由な方々の意思伝達や、周囲のあらゆる音声言語の情報通達役を担うお仕事です。

手話は聴覚障害者にとって、一番強力な意思伝達方法です。

しかしながら、手話を出来る人が常に周りにいてくれるわけではありません。

ですので、通院や各種手続きの際などに、聴覚に障害を持つ人と周囲の人々との間で意思の橋渡し役として活躍します。

手話通訳士の資格には他にも、都道府県や市町村ごとに認定と登録が行われている「手話奉仕員」や「手話通訳者」といったものもありますが、手話通訳士の資格はその中でも更に難易度が高く、学科試験・実技試験共にレベルの高い知識が必要とされます。

スポンサーリンク

手話通訳士試験の受験は、年齢が20歳以上の方を対象に実施されます。

一般社団法人日本手話通訳士協会

手話を学びたいと考えている人は、地方自治体などで開催される手話通訳奉仕員養成講座という講習会で知識をつけることも出来ますし、手話のサークルなどで学ぶという手立てもあります。

それよりももっと本格的に学びたいという方は、福祉関連の専門スクールや大学などで学習するという選択肢もあります。

合格率は約2~3割程度と低い確率になっていますが、見事その関門を越えることが叶えば、音のない人たちの意思伝達のスペシャリストとしてお役に立つことが出来るようになります。

あなたはきっと、聴力障害者の方々の素晴らしい支えとなれるはずです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク