保育士になるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保育士とは、保育士国家資格を保有して保育所や児童福祉施設で就業する人のことをさします。

これはみなさんにとっても馴染みの深い職業ですよね。

保育士になるには、2通りの方法が選べます。

まず一つ目は、指定保育士養成施設(大学・短大など)に通い所定の単位を取得後して卒業することで保育士資格を得るという方法です。

この方法の特徴は、保育士国家試験を受験・合格せずとも保育士の資格を得ることが出来るというところです。

そしてもう一つは、そのままなのですが、保育士国家試験に合格するという方法です。

スポンサーリンク

保育士国家試験受験資格者は、下記の通りです。

・大学に2年以上在学し、62単位以上修得していること(学部、学科に関係なく)

※これには卒業が見込まれている方や、中退者も含まれます

・大学に1年以上2年未満在学し、62単位以上修得していること(学部、学科に関係なく) 

※卒業が見込まれている方も含まれます

・短大卒(学部、学科関係なく)、またはそれと同等以上を卒業していること

※卒業が見込まれている方も含まれます

・平成8年(1996年)3月31日以前までに高校保育科を卒業していること

・平成3年(1991年)3月31日以前までに高校を卒業していること

・高校卒業後、児童福祉施設で実務経験が2年以上ある場合

・中学卒業後、児童福祉施設で実務経験が5年以上ある場合

・外国において、学校教育における14年以上の課程を修了していること

・都道府県知事から受験資格を認定された場合

上記のいずれかの項目に該当していれば、保育士国家資格を受験することが出来ます。

とはいえ、更に詳しい事項は今一度公式サイト(社団法人全国保育士養成協議会)などで確認してみて下さいね。

保育士とは、子供が好きな方にとってはまさに天職にあたる資格だと言えるでしょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク