ホームヘルパーになるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

ホームヘルパーとは、心身の障害や老衰などの自由により、日常生活を一人でこなすのが困難である高齢者や障害者のお宅を訪ねて、介護や家事に関することをサポートするという専門職です。

主に食事や排泄、また入浴などの日常生活で行われる活動の手助けと、そして食事の調理や生活必需品の買い物などのお手伝いなどをします。

ホームヘルパーになるには、各事業所でホームヘルパーの養成講座を受講して、修了すれば資格が手に入るので、今まで紹介した資格よりは若干やさしい資格です。

ホームヘルパーの資格には1~3級に分かれていて、現在では2級取得者の割合が多いため、3級過程の研修を行っている事業所は少ない傾向にあるようです。

スポンサーリンク

この両者の傾向は、3級と2級では着手出来る作業内容に大きく差がついてくることが原因として挙げられます。

厚生労働省が発表した「介護福祉士に一本化する」という方針ですが、これは2010年の時点でも需要に対して供給が間に合っていない状態が解消されていないため、これから更にホームヘルパーの需要が増えてくることが予想されます。

困った人を、助けたい。

こんな、ピュアで優しい心をお持ちの方にはオススメな資格です。

とはいえ、お仕事が始まると最初は慣れないこともあり大変でしょう。

ですが、だんだんと馴染んできた場合、多くの人々に喜ばれるお仕事であるということは間違いありません。

興味がある方は、全国ホームヘルパー協議会で詳しく調べてみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク