臨床検査技師になるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

臨床検査技師とは、医師の指導のもと、血液や尿などの検体を使って検査をしたり、心電図やエコーなどの、患者さんに直接触れて生理学的検査を行う専門職です。

この職業は、医師が今後の患者さんの治療方針などを判定・決定する上で必要となる情報を提供していくための医療業種です。

臨床検査技師になるには、高校を卒業後に大学や専門学校などで臨床検査技師の養成課程を経る必要があります。

合格率はだいたい7割のラインを上下していて、これまでにご紹介した国家資格の中では比較的レベルの高い試験であるということが伺えます。

臨床検査技師という資格は、例えば弁護士のように「業務独占資格」では無いので、採血を行なわれなければ、例え臨床技師の資格を持っていないという場合でも、この業務につくことが出来る場合もあります。

スポンサーリンク

とはいえ、国家資格に合格した臨書検査技師の知識は深く、間違いの無いものでしょう。

現在では求人募集する病院側も、臨床検査技師の資格を持っていることを必須条件として人材を探すことが多いので、国家資格を取ればなおさら就職に有利であるといえます。

臨床検査技師の仕事は、医師の治療の上での判断材料となる資料を作成するということですので、特に責任感が問われる業種です。

理性的な面が強い女性などには最適な国家資格ではないでしょうか?

みなさんもよかったら、日本臨床衛生検査技師会でお調べになってみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク