社会福祉士になるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

社会福祉士とは、専門知識や技術をもって心身や環境などの条件から日常生活を送ることに支障をきたしている人の相談にのり、援助や助言をしながら、一緒に問題解決に向けてサポートをする専門職です。

社会福祉士は、生活に困難な状況と対峙している地域住民一人ひとりの立場から問題を的確に把握し、様々な社会資源を駆使して、当人やそのご家族の納得のいく解決法を提案していくというのが主なお仕事です。

ですが、1987年、介護福祉士国家資格とともに誕生したこの資格は、介護福祉士資格よりもまだ若干需要が低い資格です。

なぜなら、社会福祉士の国家資格に合格した後に働く職場ですが、そこで実際に社会福祉士資格が必要条件として求められるということが、現在の時点ではまだ少なようなのです。

スポンサーリンク

ですので、この資格については、まさにこれからといったところでしょうか。

とはいえ、社会福祉士という資格は国家資格を目指す私たちにとっては魅力的な資格なんですよ。

というのも社会福祉士国家資格の受験資格は、他の資格に比べると幅が広いのです。

職場で必須条件として挙げられないとはいえ、社会福祉士の資格を持つようになってから、今までよりもいい条件水準で採用してもらえるようになったという意見もあります。

でもこれはあくまでも受験を考える人一人の個人的な感情に過ぎないので、社会福祉士を目指す上で一番大切なのは、やはり困ったお年寄りなどの生活がスムーズにし、その方を少しでも元気にさせてあげたいというような、「人に喜んでもらいたい」という気持ちでしょう。

社会福祉士国家試験の受験資格は、先程も記した通り、他の国家資格よりも条件の幅が広いので、詳しくは日本社会福祉士会で確認してみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク