介護福祉士になるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

介護福祉士とは、身体的・精神的障害を抱えるがゆえに日常生活に支障が出るという人たちの介護に当たる専門家です。

これからの高齢化社会のことを考えると、将来性の強い資格であるといえます。

介護福祉士は介護のスペシャリストとして、様々な角度から介護を受ける人の自立について考えていきます。

人には、いくつの年齢であっても、そのときに出来ることと出来ないことというのが必ず存在します。

また、年を重ねるごとに一人では出来ないということが増えていくのは、自然な摂理です。

スポンサーリンク

ですが、私たちと同じように、介護を受ける立場の人にも、逆にまだまだ出来ることはあります。

そういった可能性を妨げないように、日常生活のお手伝いのことを考えるのが介護福祉士の役割です。

介護福祉士になるためには、厚生労働大臣の指定する介護福祉士養成施設を修了して登録名簿に登録するか、介護の実務経験をつんだのち国家試験を受験し、合格して登録名簿に登録するという2パターンの方法があります。

現在、既に介護の現場に携わっている方は、もう十分に詳しくご存知であることと思いますが、経験さえつめば、養成校に行かずとも国家試験の受験資格が与えられるのです。

今、介護の資格は人気の割りに供給が追いついていないような状態であるので、仕事がなくなってしまうというようなことは、余程のことが無い限り、まずないでしょう。

みなさんも良かったら一度、介護の世界(日本介護福祉士会)に触れてみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク