視能訓練士になるには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

視能訓練士とは、視覚に障害を持つ人、例えば弱視や斜視の人などを対象とした機能訓練を行う専門職です。

これも、これまでの資格と同じく国家資格です。

視能訓練士になるには、視能訓練士養成所などで3年以上、視能訓練士として必要な知識や技能を修得する必要があります。

また養成所で2年以上の修業経験を積み、さらに外国語や心理学などのその他の科目の中から2科目を収めていて、なおかつ指定の視能訓練士養成所にて1年以上の修業をしたという人なども、同様に受験資格対象となります。

視能訓練士のお仕事は大きく分けて「矯正訓練」と「眼科検査」という2つに分かれます。

スポンサーリンク

様々な手法を凝らして厳密な検査を行い、医師と相談しながら、斜視や弱視の症状を持つ患者さん一人ひとりにとって効果的な訓練プログラムを作り、視覚機能のスムーズな改善を図っていきます。

視覚器とは、眼球や視神経、そして視中枢まで極めて繊細かつ精密な感覚器の集合体です。

特に、小さなお子さんの斜視や弱視は、早期発見・治療がとても重要になってきます。

視能訓練士も、合格率は例年だいたい9割を超えています。

特に眼の疲れやすい職業が増えてきている現代、視能訓練士の資格(日本視能訓練士協会)はこれから益々需要が高まってくるでしょう。

みなさんはご興味ありますか?

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク