ホームヘルパーの資格はどのような資格?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

ホームヘルパーになるためには、養成研修というものを受けることになります。

ですが、資格について、試験、というものは必要ありません。

福祉系や医療系の資格には、試験、というものがつきもの、という印象がありますが、ホームヘルパーにはこういった資格試験、というものがないのです。

スポンサーリンク

その代わりに、介護や福祉、という面に関しての知識や技術をえるために、養成研修、というものをうけて、学習することになります。

ただ、この養成研修もホームヘルパーの仕事を行ううえで、絶対条件、となるものではなりません。

この養成研修は必須、というものではなく、自主的、というものになります。

ただし、介護保険の適用を受ける場合のサービスを行う、という場合には、この養成研修を修了した、という方でないと行うことが出来ません。

ですから、多くの事業所や介護センターなどにおいては、ホームヘルパーの要請研修を修了した、というものを条件としている場合が多いのです。

特に、ホームヘルパー2級を条件としているところが多くなっていますね。

ホームヘルパーは、介護という事に関して、必要な専門知識、また介護に関しての技術、というものをしっかり身に付ける必要があります。

多くの方は、ホームヘルパーである程度業務をこなし、さらに研修を受けに行き、確固たるホームヘルパーになる、という場合が多いようです。

資格試験がない、ということから、この先、介護保険福祉士と同じ学習をして、資格を取るようにしたほうがいい、という意見も多くなっています。

この先に、ホームヘルパーの資格、というものがどのようになっていくか、ということはわかりませんが、高齢化の日本にとって、底辺を支える仕事であるホームヘルパーは、必要不可欠な資格である、といわれていることも事実です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク