ホームヘルパーが転職を考える時

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

例えば、ホームヘルパーの2級資格を取得できたので、派遣で自宅に通うというホームヘルパーの業種ではなく、介護支援施設や病院、といったところで働いてみたい、また、病院での決められた介護に限界を感じ、民間企業のより深い介護職種に転職したい、ホームヘルパーが転職を考える、というときは、色々な考え方があると思います。

病院では、病院の規則にのっとって、介護を行いますし、介護センターでもそうだと思います。

スポンサーリンク

もちろん、民間の企業で要介護者の自宅への派遣、となる場合も、その企業の規則、というものがあるでしょう。

しかし、自宅で日常生活を送る、ということと、病院や施設によって介護を受けている、という方では、その介護の仕方も、その要介護者の気持ちも違うと思います。

大きな枠組みではなく、小さな枠組みの中で、自分の担当する方への介護をしっかり行える、またその方が介護修了となるまで、面倒を見たい、という方も多いようです。

ホームヘルパーは介護系の就職情報誌、またインターネットなどを見ても、就職情報はたくさんあります。

まして、転職、となると、一度どこかでホームヘルパーとしての経験を積んだ経験者、という事になりますので、雇用する側にも安心感があります。

何もわからない未経験者が就職希望、というよりも、もちろん、経験豊かな方が来るほうが、いいですよね。

介護は、経験がものを言う、ということも言われていますので、経験を持った方が転職を考える、という機会を見逃さずに雇用したい、という施設も多いようです。

この経験にプラスして、2級以上のホームヘルパーの資格を持っていれば、さらに就職に困る、転職に困る、という状況は少ないのではないか、と思います。

これから先、さらにホームヘルパーの需要が大きくなっていくでしょうから、転職、という部分においても、雇用の面では、心配はないのではないか?と思います。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク