ホームヘルパーに合格したい

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

ホームヘルパーに合格したい、という方がたくさんいらっしゃいますが、ホームヘルパーは、「合格」ということとは少し違います。

ホームヘルパーは、試験のない資格、つまり講習によって、取得できる資格なのです。

1級、2級、3級、それぞれ、講習の時間が違いますが、それぞれ、講習、実技、実地、にわけて規定の時間の講習を受けることで、各級を取得できることになります。

スポンサーリンク

ですから、合格、という感じではなく、知識や技術を体得して、生かせるようになる、という資格になります。

ですが、このホームヘルパー2級や1級、という資格を持っている、ということは、就職にかなり影響を及ぼす、ということは、知っておきましょう。

3級の場合は、食事を作る、というような人に触れない介護サービスを行うことが出来ますが、人体に触れる、という介護を行うことが出来ません。

つまり入浴やオムツの交換、といった介護に必要なサービスを行うことが出来ない、という事になります。

そうなると、やはり介護サービス、という業務を行う企業や施設にとって、ホームヘルパーの2級、また1級を取得している、というキャリアのある方のほうが、雇用という面ではありがたい、という事になりますよね。

3級はパートやアルバイト、という雇用形態がほとんどになりますが、1級、2級、という資格を講習によって取得していれば、正社員、という雇用も多くなります。

また公立のセンターや保健施設、といった場所でも、1級や2級の取得者、という限定条件をつけてくる場合もありますから、ホームヘルパーの資格を取得しておく、ということは非常に大切、といえるでしょう。

試験に合格するつもりで、講習に望むことが必要になりますね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク