ホームヘルパーを大学で取得するには?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

ホームヘルパーになるためには、試験、というものが必要なく、厚生労働省の定めた講座を修了することによって、取得できる、というものです。

講義58時間、実技42時間、実習30時間、という講義を全て修了する必要がありますね。

この講座を大学の授業によって取得することが出来る、というところがあります。

スポンサーリンク

大学の地域社会や福祉、また介護、という分野を学習する中の授業に、ホームヘルパーの要請研修が含まれている、という大学があるのです。

つまり大学にいながらにして、ホームヘルパーの2級が取得できる、という事になりますね。

最近は、資格社会、といわれているように、学生のうちから多くの資格を取得する、という人が多くなっています。

資格を取得することは、就職の幅を広げる、という事につながります。

社会の情勢が不安定で、政府が景気回復になっている、といっても、地方の企業では、倒産していく企業多い、という事実は、変わっていません。

大学で、こういった学部、そして学科を専攻することで、ホームヘルパーの2級資格取得が出来るという大学があり、ホームヘルパーや福祉系の資格を取得したい、という学生さんが多く受験しているようです。

大学在学中により多くの資格を取得しておこう、という考えの方が多くなっているのですね。

これも、やはり日本が、資格社会である、という要因になっているようです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク