保育士の通信教育は?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保育士の通信教育、働きながら資格を取得する、という希望のある方にはぴったりの講座になりますね。

たくさんの保育士の通信教育がありますが、一般的な保育士の通信教育、というものはどのようなものか、少し解説しておきたいと思います。

この通信教育は、大学による通信教育です。

スポンサーリンク

保育士の通品教育の申し込みは、書類審査となります。

試験などは特にありません。

スクーリングや科目終了試験、また保育実習などは現地で行われますが、それ以外の学習については、全て、自宅で行うことが出来ます。

また講座によりますが、編入制度というものを儲けている大学や短期大学があります。

いていの条件がクリア、ということになれば、2年、3年、という学年から学習を行うことが出来ます。

この大学による通信教育の場合は、卒業と同時に保育士資格を取得できる、という強みがあります。

入学は一般的に年2回。

春と秋に行われます。入学後、テキストが送られてきますので、学習開始。各科目ごとにレポートなどを提出していきます。

科目が終了すると、単位習得のための試験を行います。

スクーリングは、授業を受けに行くことになります。

保育実習などをこなし単位を取得していけば、卒業と同時に保育士資格を取得できます。

保育士の通信教育を行っている大学は、東京福祉大学、聖徳大学、佛教大学、聖徳大学短期大学部、大阪芸術大学短期大学、近畿大学豊岡短期大学、順正短期大学があります。

通信教育で、保育士の専門知識を学ぶ、という民間の講座などもあります。

この場合は、保育士の資格試験を受験するための学習を行うことになります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク