保健師の就職状況

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保健師として就職をしたい、働きたいという夢と希望を持って、毎年沢山の方々が保健師の免許を取得されています。

保健師が就職する場合、どういった理由で望まれているのか?ということを知ることから始めましょう。

保健所であれば、欠員によっての不足人員の補充なのか?

それとも増員する前提での募集なのか?主にどういった仕事が多くなるのか?ということをしっておく必要がある、ということです。

例えば、自分は保健師として、地域の健康についての相談役になりたいという就職に対しての希望を持っていたとしますよね。

スポンサーリンク

でも、雇用先が募集しているのは、ご高齢者を専門とした健康管理だったら・・それは自分が考えていた職場とは大きく違うことになります。

またご高齢者やそのご家族の助けをしたい・・と熱望していても、お子さんの健康促進についての保健師の募集だったら。

また、保健師の募集といっても業務の内容は看護師に近い、いや、ほとんど看護師だ、という場合もあります。

ですから、就職の面接に行く場合、どういった施設なのか、主な仕事は何になるのか?という質問をしっかり考えていくことが大切です。

企業保健師、産業保健師の場合、企業が健康についてのそれなりのビジョンを持ち、企業内でこういう健康づくりをしていきたいというものがあるところのほうが、俄然、働きやすいと思います。

あいまいなビジョンで、うちも保健師を入れるか?位の勢いで雇用されたら、健康についてのセミナーを開きたいと思っても、理解されることもないでしょう。

目的意識をもった企業なのか?という所がポイントになると思います。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク