保健師の合格率はどのくらい?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保健師の合格率、かなり低いんじゃ?と思いますよね。

保健師の資格自体が、看護師の免許を取得して、さらに保健師養成学校へ通い、そこで指定されたカリキュラムを修了して、さらに国家試験を受けるというものですから、何かずっと、学習してテストして、ひどく難しいような気持ちになります。

ですが、そうでもないのです。実際には合格率90%といわれています。

なぜ、国家試験でしかも医療系なのにこんなに合格率が高いのか?

それは、保健師になる為にしてきた、また通ってきた今までの課程にあります。

スポンサーリンク

保健師になる為には、まず、看護師になります。

看護師になるためには、看護師になる為の学校へ通い、国家試験を受けて合格しなければなりません。

看護師の学校にいる間、医療関係の専門知識とある程度の技術を身につけることになります。

実際に、ここで脱落する人もいるわけです。学校を辞めていく、試験に落ちてしまうということがあります。

すでに、ここで、保健師になりたい、という強い目標を持っている方々は振り落とされず、流されずに通過しているのです。

看護師免許を取得してさらに、保健師の専門知識を学びます。

さらに新しい学習もあり、応用もあります。

今度は医療系の専門知識は既に頭にあるわけですから、保健師として働く為に必要なことを学ぶことになるわけですよね。

ここまで学習してきているのです。またこれまでの苦労、学習時間を考えれば、おのずと、合格したい!と学習をさらに重ねるわけです。

こういった理由から保健師の合格率は高くなっているのではないか?と思います。

ここで落ちるという前に、看護師の免許の時に挫折する人は挫折してしまっているのですよ。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク