企業保健師の仕事内容

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

企業保健師は産業保健師とも呼ばれています。

企業において働く方々の健康促進を考え、また健康管理、その時節にあった注意などを促すなど、企業内の保健室的な役割を果します。

企業保健師の場合、多くは人事部などに所属し健康管理質などに勤務しています。

健康診断の手配をし、以上のある方には再度病院での検診を薦める、またこれによって、生活習慣病を予防させるということも大きな役割です。

健康診断をいつ行うか、そして検診後の経過をしっかり把握することも必要です。

スポンサーリンク

また健康促進についても、色々なことを考える必要があります。

健康教室や今問題になっているメタボリック症候群や、三大疾病といったことへのセミナー、またスポーツを通した健康促進を進める為に、スポーツのイベントを行うなど、企業で働く人々の健康について、常に考慮するという職業になりますね。

また、企業で一番大切なことは、ストレスなど精神的な部分でも健康管理を怠らないこと。

ストレスを抱えている人が、うつになったり、また胃潰瘍などの疾患を抱えることは少なくありません。

企業戦士ならではの精神的問題に取り組むのも、企業保健師の大切な業務となります。

大手企業になりますと、各地域の健康管理データなどを把握する、またデータ化するという仕事もあります。

転勤などで、遠隔地から自分の管轄する所にきた場合、その方の健康診断がきちんと行われているか、また健康状態は良好であるか、といったこともデータがあればすぐにわかります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク