産業保健師は企業で働く方々の健康を守る仕事

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保健師といっても様々な保険氏がいます。

働く場所、雇用される場所によって色々に分類がある、と考えておきましょう。

地域の保健師は、地域の医療関係者、福祉関係者、また児童福祉関係者などとの連携をとることで、病気や感染性疾患の予防対策、また食中毒対策、さらに、健康ということについて、地域の方々へ教育、指導をする立場にあります。

地域との密着した関係を作りあげる必要があります。

また学校保健師という立場もあります。

スポンサーリンク

学校、また学生の勤務する教職員の方々の健康の維持のための指導、また健康について積極的に考える維持、促進などを行います。

学校保健師の場合、都道府県の教育委員会に申請をすることによって、自動的に養護教諭に主免許状を取得することもできます。

では、産業保健師というのはどういった保健師でしょう。

産業保健師というのは、企業で働く方々の健康を守る、また促進、増進させるということを行います。

企業で働く人が、健康に不安を感じて相談する部屋を設けている所もありますし、企業内のクリニックに保健師さんと看護師さんが常駐しているという場合もあります。

また産業保健師は、企業の方々に健康についての冊子やプリントを作り、その季節に合った健康の指導を行う、食中毒や感染症の危険性を知らせる、というようなことも行います。

企業において、健康のアドバイザーといった存在ですね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク