保健師の国家試験とはどんなもの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

保健師になる為には、養成施設に入学しなければなりません。

看護短期大学専攻科、厚生労働大臣指定の保健師専門学校などに入学し、法律上では半年、修業年限1年、専門知識等の学習を行う必要があります。

これらの看護短期大学専攻科には、入学資格があります。

誰でもが入学できるというものではありません。

1.3年制短期大学の看護に関する学科を卒業したもの及び、卒業見込みのもの

2.外国において、学校教育の15年の課程(最終の課程が看護に関するもの)を修了したもの、または修了見込みのもの

スポンサーリンク

3.養成施設において、1と同等以上の学力があると認められたもの

という条件があります。

保健師の試験は通常2月の後半に行われます(平成20年度は2月22日に行われました)。

試験地は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大坂府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県です。

試験願書、6ヶ月以内に正面から撮影した写真、返信用封筒、また受験資格を照明できる書類が必要になります。

これら受験の申請書類は、試験地を管轄する地方更生局、または、地方更生支局へ提出する必要があります。

受験料は平成20年度試験で5400円でした。

保健師の国家試験の日時(例年同じ時期に行われます)は、厚生労働省ホームページに詳細が掲載されますので、確認してみる必要があります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク