歯科衛生士の大切な役割は?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

歯科衛生士の役割、歯科医師のサポートをする、時には、受付カウンターをこなし、清算を行い、患者さんの予約を行う、大切な仕事はたくさんあります。

しかし、現代の歯科衛生士の役割というと、日本の今ある状況に大きく左右されます。日本は高齢化が進んだ国です。

スポンサーリンク

介護施設や老人施設がたくさんあり、多くのご高齢者が暮らしています。

今まで歯科衛生士の「歯の健康」という部分の仕事の多くは、お子さんに対しての歯磨きの指導、歯ブラシの使い方、歯にいい食べ物、悪い食べ物、といったことを伝えるという仕事でした。

ですが、今はご高齢の方々に健康な歯を維持してもらう、ということも行っています。

歯を健康に保つ、ということは人生を長く過ごすコツ、であるのですね。

歯を使える、ということは、物を噛み胃腸に負担をかけない、ということのほかにも、口を動かすということが、脳を老化させないということにもつながります。

朝、きちんと歯を磨き、一日の出発をさわやかに迎え、リズムよく日々を過ごす、ということが、人間にとってどれだけ大切なことか、歯を維持する大切さをしっかりと伝える役割があります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク